« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

研究会後に読み読み

研究会から帰って.

・Lucas and Stokey(1983,JME)
とりあえず途中まで.
満期が異なるstate-contingent debtがあれば,
(moneyはなし,課税は労働所得税のみ,資本蓄積なしでは)
optimal policy は time-consistent になると.

moneyが入るとそうとは限らない.
名目債券が,実質水準でコミットメントできる場合のみ,optimal policyはtime-consistentになるよう.
インフレ税によって実質的に,国債に課税できるから,ということかな.

・Angeletos(2002,QJE)
state-contingent debtがなくても,適当なmaturity structure(満期構成)を与えてやれば,(Arrow-Debrue経済の下での)Ramsey allocationを実現できる.
[満期の種類と,stateの種類が一致していれば完全にショックを保障できる]

→しかもこのoptimal maturity structureはショックのhistoryには依存しない.
[さらに,経済がstationaryかつショックがマルコフ過程なら,omsは時点にも依存しない]

※資本蓄積を入れても,その期の投資を条件付ければ同様の結論が成り立つ.

・仮に満期構成が過小でも,数値計算上はリスクのかなりの部分をヘッジできる.
[満期が2種類,stateの種類を100としたら,present value surplusの分散の97%が達成されるらしい.]
→大切なのはstateの種類数よりも,macro shockの種類がどれだけあるのか.

後半は内容いい加減かも.
これPh.D論文らしい.すげー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

BibTeXまとめ

使い方をまとめてみました↓

Real's Homepage---BibTeXの導入・設定について

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次回マクロの授業

Giancarlo Corsetti and Paolo Pesenti (2008), "THE SIMPLE GEOMETRY OF TRANSMISSION AND STABILIZATION IN CLOSED AND OPEN ECONOMIES"

一応,はっときます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

shooting algorithm

対自分備忘録用.御指摘歓迎.

shooting algorithm のメモ

それにしても,コードがうまいこと回らないなぁ...
実力不足っすかなぁ.

最近,虚数単位が嫌いですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

直近ではないreading listr

  • Lucas and Stokey (1983,JME)
  • Chari and Kehoe (1990,JPE)
  • Phelan and Stachetti (2001,Econometrica)
  • Maskin and Tirole (2001,JET)
  • Klein and Rios-Rull (2003,IER)
  • Klein, Krusell and Rios-Rull (RES forthcoming)
  • Hassler et.al. (2003,2005,2007)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »