« 研究とチームワーク | トップページ | finance and growth イントロだけ »

Reinhart and Rogoff(2010, NBERwp15639)

44の先進国・途上国の200年くらいの新たなデータセットを用いて,国債と成長率,インフレ率の関係を調べる.

<結論>
1.国債残高/GDP比が90%未満の国は,国債残高と成長の関係は薄い.90%を超すと成長率の中央値は1%ほど下がる.(平均成長率はもっと下がる)

※先進国も途上国も90%を境に変わる


2.途上国は先進国より(成長率に影響を与える)外国債の境界値が小さい.
GDP比60%を超えると2%くらい成長率が下がる.


3.先進国グループでは,国債残高とインフレ率の間に関係はあまりない.
一方,途上国では国債残高が増えるにつれてインフレ率も上がる傾向.

※アメリカでは,GDP比国債残高が高いとインフレ率も高くなる.

<ポイント>
長期的な分析,途上国の分析を可能とするより新しいデータセットを作り,それを
利用した分析となっている.

※新しいデータセットはReinhart and Rogoff(2008, 2009)によって提供されているもの?

・外国債は先進国では自国通貨建てな一方,途上国では外国通貨建て.→結果に影響するかも?

|

« 研究とチームワーク | トップページ | finance and growth イントロだけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198130/33139208

この記事へのトラックバック一覧です: Reinhart and Rogoff(2010, NBERwp15639):

« 研究とチームワーク | トップページ | finance and growth イントロだけ »